おうち

メーカー選定とデザインは妥協しないで

注文住宅の魅力は、何といっても希望通りの間取りやレイアウトを叶えることができることです。自分の家事導線や生活スタイルに合わせて考えることが楽しかったです。
まず半年ほどかけてハウジングセンターでいろんなメーカーで話を聞き、簡単な図面や見積もり予算を出してもらいました。もちろん設計図や予算は重要なポイントですが、さらに営業の方の人柄や相性についてもメーカーを選定する際には大切です。長い間内装やデザイン、使い勝手について何度も打ち合わせを重ねるなかで、私たちの窓口となる営業担当の方との関係性は大事だと痛感しています。一日かけて打ち合わせしていると、だんだん内装のイメージが自分の中で混乱してしまうこともあります。こちらの要望を聞きながら、専門的な観点からのアドバイスを織り交ぜていくことでだんだん形になっていきました。
家づくりをするなかで私が最も重要視したのは、収納の多さです。玄関の土間収納やコートや制服をかけておけるちょっとしたクローゼット、食品の備蓄ができるパントリーはオススメです。日々使用するクローゼットのスペースや使いやすさはもちろんのこと、季節ごとの家電やスーツケース、お客様用の布団など、収納部屋はいくつあっても便利です。また、和室は「吊り押入れ」がオススメです。下の空いたスペースによく使う座布団や子どものおもちゃを収納しておくと取り出すのも便利だし、掃除もしやすいです。

オススメ記事

自分達のオリジナルの注文住宅を

分譲と違って注文住宅の魅力と言えば、細部まで自分の家族の動線を考えた間取りを実現出来る事ではないでしょうか?世間一般の家事動線が必ずし…

もっと読む

メーカー選定とデザインは妥協しないで

注文住宅の魅力は、何といっても希望通りの間取りやレイアウトを叶えることができることです。自分の家事導線や生活スタイルに合わせて考えることが楽し…

もっと読む

将来を考えて注文住宅を購入

注文住宅、夢のマイホーム。誰しもが憧れる買い物ですが、自分が実際に注文住宅を購入してみて、気づいたことがあります。私自身は、結婚が決ま…

もっと読む

注文住宅という素晴らしい選択肢

注文住宅というのは、簡単に言ってしまえば、既存の住宅デザインではなく、自らのイメージする住宅デザインを注文することによって、自分オリジナルの住…

もっと読む